早漏で悩む男性は非常に多い

セックスで射精に達してしまうのが早い「早漏」に悩んでいる男性というのは沢山いらっしゃいます。
と言いますか、初めての彼女が出来てセックスをして童貞卒業したその日から、男性は皆早漏に悩む・・というのは言いすぎでしょうか?

 

AV男優のスパーキー佐藤という人によると、「射精コントロール法を身につけるというのは後天的なもの」との事。
つまり男性は最初は皆早漏であるという事です。

 

 

 

遅漏は羨ましい?とんでもない

早漏の逆で射精に達するのが遅いのが遅漏です。遅漏についてどんな風なイメージを持っていますか?

 

女性がイクまで射精せずにいられるなんて羨ましい。
女性は簡単には膣内の快感でイカないのだから、遅漏くらいで丁度良い。

 

こんな風に思っていませんでしょうか?
でも羨ましいなんてとんでもないです。遅漏は早漏よりもかなり深刻な悩みなんです。

 

女性を傷つけてしまう事も

男性が遅漏の場合、女性がセックスの快感で十分に満足してもまだピストンを続けなくてはならず、これは女性にとって苦痛になります。またあまりにも長時間ピストンし続ける事で膣内を傷つけてしまう事もあります。
いつまで経っても男性が射精に至らない事に対して女性が「私の体は魅力的ではないのだろうか」と心理的に傷ついてしまう事もありえます。

 

遅漏になる方法は早漏の対策法とはいえない

遅漏の原因は強い刺激でオナニーをし続けてきたためという説や、性的なトラウマによって起こるという説があります。

 

いずれにしても、克服するのは容易ではありません。
それに比べると早漏の克服(射精コントロールの習得)というのは容易なのです。

 

早漏で悩む人の中には「どうしたら遅漏になれるのだろう」と考える人がいますが、遅漏になるというのは早漏の悩みの解決とは言えません。
早漏ではなくなるでしょうけど、それ以上に深刻な悩みを抱える事に。