女性の深いオーガズムの代表は「ナカイキ」

女性がセックスの本番でオーガズムに達する、つまり男性のペニスによって膣内を刺激されてイってしまう事を「ナカイキ(膣イキ)」と呼びます。
深いオーガズムを感じられるとしてよく知られています。

 

 

中か外かの違いだけではありません

女性が最も簡単にオーガズムに達する方法はクリトリスの刺激によるもの。「ナカイキ」に対してクリトリスでイクのを「外イキ」なんていう風に呼ぶ人もいますね。
ただ漠然とセックスをしているだけでナカイキに達するのは難しいため、ナカイキを経験したことのない女性・ナカイキさせた事のない男性は多いと思います。そんなナカイキを知らない人たちはえてして、「中か外かの違いだけでオーガズムには違いない」と考えてしまっています。

 

しかしこれは大きな間違いです。
ナカイキの快感はクリトリスでのオーガズムとは別格。女性器だけではなく全身が包まれるような強烈な快感で、しかもクリトリスイキよりも遥かに長く快感に包まれるのです。

 

神経からして違うもの

実はクリトリスでのオーガズムと膣内でのオーガズムとでは、快感を司る神経が異なるという事が分かっているそうです。ナカイキのような深くて長いオーガズムは膣内の性感帯でないと感じる事が出来ないものなんだそうです。